琉球石灰岩フロアの洗浄 最終日

腰、またヤバいかも...。

今日は、琉球石灰岩フロアの洗浄最終日でした。

残りのブロックを完了。


今日のブロックが全体的に、一番汚れが酷かった。

通常なら、石材専用のアルカリ洗剤を塗布して~

10分から15分浸け置きして、マイクロなどの石材表面を傷つけない

パッドでポリッシャー(水出しでリンス)~

デコボコのくぼんだ部分に汚れが残っていたら、再度洗剤塗布

もしくは、柔らかい研磨クリームなどを使って、再度ポリ。

という流れで、ほぼOK城北なのですが、

以前の業者さんが使用していた洗剤が石材を痛めてしまったのか、

表面がボコボコ過ぎて、時間がかかってしまいます。


依頼主にお聞きすると、お客様のハイヒールのかかとで床に穴があいた事もあるようです。

歩行頻度が高い場所は、補修跡も多く見られます。


石灰岩の性質上、素材はかなり柔らかくて

見た目をきれいにするだけじゃ、メンテナンスとしては不十分な気がしました。


洗剤の中和~十分な濯ぎ~乾燥。

これらが出来ていなかったと思われます。


今回は、エアコンで使用する高圧洗浄の機械で

深く痛んだ石材の穴を水圧できれいにする作業が加わりました。


普通の床洗浄じゃなくて、特殊清掃の部類に入ります。

アホ業者の尻拭いみたいな作業、実は結構多いですね。


きれいな石なのに、凄くもったいない。

水流を当てていても、痛んだ表面から細かい砂の様なモノが出てきて石が可哀想です。

何とか補修できないかな。



今日も写真を撮る余裕が無かったので、

先月の一番酷い汚れ部分、エントランスの写真です。


洗浄前

琉球石灰岩のシミ抜き




洗浄後

琉球石灰岩のシミ抜き完了



この部分は、酸性洗剤も使いました。

石材の洗浄、奥が深くて面白い。

この記事へのコメント

かず
2011年10月28日 16:07
まことさん、腰の具合かなり悪そうですね、
この業界の人は、腰・膝が悪い人が多いですよね、
お忙しいでしょうが、身体をいたわりつつ、
お仕事頑張って下さいね、会長!
まこと
2011年10月28日 20:26
かずさん、今回はかなりきついんすよ。
夏に脚立の上での作業が多かったからかも。
腰痛に限らず、疲れは溜めこまないことですね。