人工大理石の研磨~コーティング

今日は疲れた。

こんな感じの現場で、研磨~コーティング。

洗面台と浴室の人工大理石の研磨(だけの予定だった)。


研磨~コーティング



水あかに見えるけど、実はトップコートの劣化です。


見積もり時には洗面台の一部分を、みがい太郎で研磨して3工程でいけると判断しました。

表面のキズだと判断したので。


でも、実際の作業は3工程では全然だめでした。

トップコートが剥がれた部分と、残っている部分の光沢の差が激しい。


全面、トップコートを剥がして光沢を上げるしかありません。

トップコートを剥がすのに、大理石用の200番手を使ったけれど凄く時間がかかった。


硬さで言うと9H位か?(経験上)

ミヤキのガリレオ並です。


手作業で200番から始めて、最終的に5工程研磨。

その後、コーティング。


上の写真の仕上がりはこんな感じ。

人工大理石研磨




洗面台の作業前。

洗面台の人工大理石



作業後。

人工大理石研磨~コーティング




人工大理石ってメーカーによってかなり違いがあるから、結構大変。

天然の大理石の方が研磨で光沢を上げる分には楽です。

コーティングの勉強もしなきゃな。

勉強になった1日でした。


でも、研磨ってやっぱり好き。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

はねっち
2011年04月07日 20:54
Good job! 
一番上の写真、宇宙人かと思いましたよ。
まこと
2011年04月07日 21:07
おお、確かに。
なんか人型っていうか...。
面白い意見ありがとうございます。