剥離~ワックス~バフィング

なんとか終わった。

歯医者さんの床のメンテナンス。

今回は、6年分のワックスの剥離~ワックス~バフィング。


剥離前の写真

古いワックスの剥離



剥離後の写真

古いワックスの剥離後



元のPタイルは滑り止めのエンボス加工でした。

艶ナシです。

ワックスの吸い込みもスゴイ。

1枚目のワックス塗布は時間がかかります。


今回は2枚塗ってバフィング。

3枚目のワックス乾燥後にワックスの硬化剤をプラスしてバフィング。


仕上がりの写真。

ワックス~バフィング



剥離前に比べると光沢はほとんど無いに等しい感じかな。

剥離後の写真と比べても差が見られない。


でも、実際の印象はかなり違います。

床材本来の質感を保ちながら、床を保護します。


依頼主の先生にも

「表面、こんなザラザラしてたんだねー。すっかり忘れていたよ。」

「かなり明るくなった。」

と、感想をいただきました。


かなり時間がかかったけど、いい仕事が出来たと思います。

2011年度、最初の仕事がばっちりだったので、

今年もいい年になりそうです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

ryo
2011年01月08日 20:09
僕も歯医者さんで遭遇しました。つやつやの床で難儀して剥離するとエンボス床だった。ウチのHPでクリニックのページの3枚目ぐらいに軽く出ています。

歯医者さんは機材も多いし,キャスターで移動するものが多いので,床洗浄は面倒ですね。

1ガロンの剥離剤がぎりぎり間に合ったという現場。巾木付近はスクレーピングでした。

今ならアルコールに強い滑りにくいワックスということでオーブテック多用途を塗るでしょうね。10年ぐらい前の話で,スイショウエクザをどこでも使っていました。

思い出を語るだけのコメントで失礼します。

今年もよろしくお願いいたします。
まこと
2011年01月09日 19:49
ryoちゃん、コメントありがとう。
今年もよろしくね。

今回は、オーブテックの多用途を塗りました。
本当に黄変しないことを願っています。

今後は、あまりワックスを塗らないで管理するように変えていかないと大変なことになるね。
各メーカーも剥離をなるべくしない管理方法を色々と提案してるし。
勉強しなければ。