トイレの大理石床のシミ抜き~保護剤塗布

今日は那覇市でトイレクリーニングでした。

元々の依頼はトイレ便器だけのクリーニングだったんだけど、

ちょっと前のこの記事

大理石のシミ抜き~研磨~保護剤塗布

を見ていただいたようで、追加で床のシミ抜き~保護剤でコーティングを追加していただきました。


それでは、最初の状態から

トイレ大理石床のシミ


大理石の床とお聞きしていたのですが、

実際はライムストーンかな?

水磨きの艶消し加工でしょうか。


大理石の本磨きのような光沢は無く、割と吸水しやすい素材です。

なので、写真のように男性陣がおしっこを散らした場合シミになりやすいようです。


シミ抜きは予想より早く、1時間程度。

トイレ大理石床のシミ抜き



スッキリとシミが消えました。

が、お客様ご自身でシミを抜くために色々と試していたご様子で

一部表面がガサガサと粗されていました。

サンポール、カビキラー、ジフなどで試されたとのこと。

納得、素材を痛めてしまいます。

粗されている部分をまわりと同じような質感にするため研磨。

あまり磨き過ぎると、そこだけ光沢があがって違う感じになってしまうので見極めが大変です。


研磨後、十分に乾燥させて保護剤を施行。

でもその前に吸水率を見るため、スプレーで水をかけた直後の写真。

ライムストーン吸水率テスト



写真では分かりにくいですが、水をかけた直後です。

5分後には

ライムストーン吸い込みテスト



短時間で浸みこんでしまいます。


保護剤は2度塗りに決定。


すべての工程が終了して、テストした写真です。

天然石保護剤塗布



スプレーした水がコロコロとライムストーン表面で留まっています。


これで男性陣も心おきなくおしっこ飛ばせますね(笑

もちろん嘘です。

おしっこ飛ばしたら、すぐにペーパーで拭きとってくださいねー。

お母さんは大変なんですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ryo
2010年12月20日 07:30
天然石からしみ抜き,研磨再生,そして天然木の灰汁洗い…かっこいいなあ。
まこと
2010年12月20日 18:44
ryoちゃん、コメントありがとう。
シミ抜き結構面白くなってきました。
去年から天然石の現場が増えて、
いっぱい勉強したからね。
年明けたら色々教えてあげるね。